2021年10月28日、トヨタは新型「GR86」を発売しました。これに伴い、GRブランドのカスタマイズパーツ「GRパーツ」も合わせてラインナップされました。

トヨタ新型「GR86」用のGRパーツが登場しました

 トヨタやレクサスのカスタマイズを手掛けるトヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、トヨタ新型「GR86」の発売に伴い、GRブランドのカスタマイズパーツ「GRパーツ」をラインナップし、2021年10月28日に発売しました。

 新型GR66用のGRパーツは「Stylish Street Sports」をコンセプトにしています。

 このコンセプトには、日常と非日常を高い次元で調律するという思いを込めて開発をおこなったといい、日常という言葉のなかには、愛車と毎日触れ合う通勤やお買い物、デートシーンでの活躍を想定しています。

 対する非日常というのは、「走り」を想起させるポテンシャルが必須であり、毎日乗っているなかで、サーキットに行きたいと思える奥行きのあるパーツを実現しています。

 エアロパーツ単体の空力特性は、デザイン段階からCFD解析(数値流体力学の略。コンピューター上でデジタルの車両にデジタルの風を当て、空気の流れを計算する手法)を取り入れた開発をおこない、そこで得た結果をもとに細かな形状の修正を繰り返し実施。

 こうした空力性能はもちろんのこと、スタイリングのカッコよさや日常での使い勝手までを含め、車両のトータルバランスが高次元にまとまるように常に意識しながらデザインしました。

 フロント部分では、左右のブラックアウトされた鉤爪状のオーナメントを一体に繋げながらフロントウイングを形成しアグレッシブなフロントフェイスを表現した「GR フロントスポイラー」を設定。

 リア部分は、フロント、サイドに呼応したブラックアウトの鉤爪形状で全体の統一感を出しつつ、ワイドに構えた疾走感のあるデザインと4本出しマフラーが合わさることで、スポーツカーに相応しい迫力のリアビューを演出しています。

 また、マフラーサウンドにもこだわり、国内最高峰のレース活動で培った弊社独自のノウハウと技術を基に、MBD(モデルベース開発)手法を取り入れて開発することで、常用域での不快なこもり音を排除し、高回転での増幅感が向上するもっとも官能的な高音サウンドを造り込みました。

 操安特性を決定づけるトータルバランスについては、実際に試作品を装着し、開発ドライバーがテストコースを走行して、エアロパーツからサスペンション、ボディ剛性パーツまですべてにおいて、トータルバランスで開発をおこなっています。

 街乗り、ワインディングで感じ取れるハンドリング性能と、同乗者にも優しいワンランク上の乗心地の両立を実現するパーツとして「GRサスペンションセット(全長調整式)」「GRパフォーマンスダンパー」「GRメンバ―ブレース」などを設定しました。

 内装においてはマーブルカーボン柄を採用した「GRインテリアパネルセット」を設定するほか、運転をアシストするパーツとしてコーナリング時の運転姿勢をサポートする「GRニーパッド」、シフトストロークを純正に比べて約10%ショート化することで素早く確実なシフトワークを実現する「GRクイックシフトレバー」なども用意されています。

※ ※ ※

 また、新型GR86ではKINTOが展開するクルマのサブスク「KINTO ONE」においてGRパーツを装着したモデルをラインナップ。

 これにより、サブスクリプションというクルマの所有形態でも気軽にカスタマイズを楽しむことができます。