テレビ高知で放送しているクイズ番組、「東大王」に出演しているあのクイズ王が高知県仁淀川町を訪れ、中学生たちとクイズで交流しました。

仁淀川町を訪れたのは、テレビ高知で放送中のクイズ番組、「東大王」に出演する伊沢拓司さんです。

「東大王」は、東大生チームと芸能人チームがクイズに挑戦する番組で、東京大学出身の伊沢さんをはじめとする出演者が、難解な問題を次々と解く姿が人気を集めています。

現在はバラエティー番組などでも活躍する伊沢さんは、3年前、若い人たちに知ることや学ぶことの楽しさを身近に感じてもらおうと、クイズを題材としたウェブメディア=「クイズノック」を立ち上げました。WEBサイトでクイズを出題したり、ユーチューブでクイズに関する動画を配信したりするなど、活動の場を広げています。その活動を知った池川中学校の2年生が、「自分たちの学校に来てほしい」と自ら伊沢さんに連絡を取り、実現しました。会場には、池川中学校の全校生徒のほか、小学生や地域の人たちおよそ200人が集まり、伊沢さんが出題するクイズに挑戦しました。

伊沢さんは、「クイズの問題を作ることは、相手のことを考えることにつながる」と話し、生徒たちに実際にクイズを作ることを提案しました。

「初めてなのでとても緊張したが楽しくできてよかった。クイズをしてわかった時は気持ちよかった。」
「今後の生活の中に伊沢さんの考えを取り入れて自分で考えて行動したい。」(生徒)