「ゴールデンウィーク初日の桂浜です。雲1つない快晴で、心地の良い海風が吹いていますが、海岸に人の姿は全くありません。」(中元翔一アナウンサー)

例年のこの時期、1日におよそ2000台が出入りする桂浜公園駐車場は、きょうから閉鎖に。休館が続いている桂浜水族館も、先行きに不安を隠せません。

「4月末ぐらいから土日祝にお客さんが減ってきて、ゴールデンウィークに入りましたが、圧倒的にお客さんが桂浜にいないという僕も初めてみる光景です。夏休みにいたってもどうなるかわからない状態なので、会社としてはかなり不安な状態ですね。」(桂浜水族館 前田将吾ゼネラルマネージャー)

休館中の高知城には、近所の人が。

「子どもたちの運動のためにお散歩に来ました。家の中にいたら運動不足になるというか。少し日に焼けて、近所なので人も少なくて自然もいっぱいで、散歩にちょうどよくて来ています。人があまりいないほうが安心して散歩できました。」(母親)

かつてない、異例のゴールデンウィークが始まりました。