ユズ酢を効かせた酢飯に高知の食材をのせた郷土寿司=土佐寿司を盛り上げる会が高知市で開かれ、土佐寿司の凍結商品化などの取り組みについて話し合われました。

「土佐寿司を盛り上げる会」は、土佐の郷土寿司を県内外にPRし、伝承料理人の確保につなげようと2年前に設立されました。メンバーは調理関係者やJAの職員ら7人です。「土佐寿司」は、ユズなど柑橘酢を効かせた酢飯に、高知の海、山、川の食材をのせた、高知ならではの田舎寿司です。きょうは今年度の取り組みとして、「県外・海外へのPR」「提供する店舗の拡大」「伝承料理人の確保や育成」「安定供給に向けた長期保存商品開発」の4点について報告されました。中でも、これまで試行錯誤してきた冷凍技術の開発により、長期保存ができる冷凍土佐寿司の商品化に大きな進展があったことも報告されました。

「土佐寿司を盛り上げる会」は、今年10月にシンガポールで開かれる商談会で冷凍土佐寿司を提案したいということです。