生保6社、年金事務の一本化へ 経営の効率化図り、23年度にも

 主要生命保険6社が企業年金の事務部門の統合を協議していることが22日、分かった。各社の関係会社を一本化し、共通する業務を統合することで、経営の効率化を図るのが狙い。近く基本合意し、2023年度の手続き完了を目指す。

 日本生命保険と第一生命保険が出資する「企業年金ビジネスサービス」と、住友生命保険、明治安田生命保険、三井生命保険、富国生命保険が出資する「日本企業年金サービス」を統合させる。両社は年金受給者の管理を行っており、統合でシステムの更新などにかかる費用を削減する。

 企業年金は、超低金利の長期化で利回りの確保が難しくなっており、利幅が比較的小さい。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索