東証小幅に反発、終値13円高 円高ドル安が一服

 25日の東京株式市場は小幅に反発した。日経平均株価(225種)終値は前日比13円78銭高の2万2450円79銭。トランプ米大統領が米朝首脳会談の中止を発表したものの、外国為替相場の円高ドル安が一服。化学株など内需関連銘柄が値を上げ、小幅高で取引を終えた。

 東証株価指数(TOPIX)は3.95ポイント安の1771.70。出来高は約13億3300万株。

 朝方は米朝会談の中止で地政学リスクが高まるとの警戒感や、トランプ米政権が自動車輸入制限の検討に入ったことなどを受けて売られ、下げ幅は一時100円を超えた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索