白物家電の出荷2.3%増 高機能品への買い替えで

 日本電機工業会(JEMA)が23日発表した2018年上半期(1〜6月)の白物家電の国内出荷額は前年同期比2.3%増の1兆2025億円となった。上半期のプラスは3年連続。大容量や省エネなど機能性の高さをうたった、高額な製品への買い替えが引き続き堅調で、幅広い製品で出荷が伸びた。

 品目別では、洗濯機が、5.9%増の1789億円。冷蔵庫が2.6%増の2100億円だった。いずれも共働き世帯の増加などを背景に、まとめ洗いやまとめ買いに適した製品が好調だった。

 エアコンは、梅雨明けが例年よりも早く気温が高かったことから、4.7%増の4066億円だった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索