ミャンマー中銀、通貨安で介入 外貨不足で効果なし

 【ヤンゴン共同】ミャンマー中央銀行が13日までに通貨チャット下落に対応するため、市中銀行へのドル売りチャット買いの介入に動いたことが分かった。ただ介入額は少なく効果が出ておらず、外貨準備高も不足。不安定な為替が日系企業の事業展開に影響を与える恐れがある。

 チャットは6月から、貿易の約4割を占める中国の人民元の下落に呼応して急落。中銀の対米ドル参考レートは10日、5月初旬と比べ約7%安をつけ、2011年の民政移管以降の最安値となった。

 国営メディアよると、中銀は7月末から100万ドル(約1億1千万円)を売却したが、市場の資金流通量の1%にも満たない額だ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索