NY株、一時100ドル超高 トルコ情勢への警戒和らぐ

 【ニューヨーク共同】14日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、トルコ情勢への過度な警戒感が和らいで反発し、前日からの上げ幅が一時100ドルを超えた。午前10時現在は前日比62.27ドル高の2万5249.97ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は23.98ポイント高の7843.69。

 前日まで4営業日続落したことで、割安感が出た銘柄を中心に買い戻しが入った。ただ、トルコ情勢を巡る先行き不透明感も根強い。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索