ファストリ取締役に柳井氏の息子 長男次男、創業家で経営監督強化

ファストリ取締役に柳井氏の息子 長男次男、創業家で経営監督強化

 カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは11日、創業者である柳井正会長兼社長(69)の長男一海氏、次男康治氏をそれぞれ取締役に充てる人事を発表した。創業家が経営を監督する体制を強化する。11月29日付。

 柳井氏は11日の記者会見で「決して2人が経営者になるということではない」と話し、次期トップとして世襲させる意向はないと説明した。自身の去就については「退任することは考えていない。必要とされるうちは仕事をしたい」と述べた。

 一海氏と康治氏は現在、いずれもグループ執行役員を務めている。11月29日の定時株主総会を経て取締役に就く予定。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索