北朝鮮「プラス成長」主張 16〜17年のGDP初公表

北朝鮮「プラス成長」主張 16〜17年のGDP初公表

 【平壌共同】北朝鮮のシンクタンク、社会科学院経済研究所の李基成教授(75)は12日までに共同通信のインタビューに応じ、2017年の国内総生産(GDP)は前年比約3.7%増の307億400万ドル(約3兆4400億円)でプラス成長だったと主張した。北朝鮮がGDPを公表するのは近年では異例で、両年のGDPが明らかにされたのも初めて。

 他国に依存しない「自立経済強国」を掲げる中、国際社会の制裁下でも経済が発展しているとアピールする狙いとみられる。ただ、根拠となる統計や物価上昇率は公表されず、検証は困難だ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索