JTB、9年ぶり赤字転落 豪雨や地震で客足鈍化

 JTBが20日発表した2018年9月中間連結決算は、純損失が前年同期の66億円の黒字から10億円の赤字に転落した。西日本豪雨や北海道の地震といった災害で、旅行の取り消しなど客足が鈍ったことが響いた。中間期としての赤字は9年ぶり。

 本業のもうけを示す営業利益は80.5%減の14億円だった。国内の事業再編に伴う店舗廃止などで損失も計上した。

 19年3月期の業績予想は公表していないが、訪日外国人旅行者の増加などにより純損失は黒字を見込む。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索