東証、午前終値2万1817円 米株高好感で続伸

 13日午前の東京株式市場は、前日の米株高を好感した買い注文が優勢となり、日経平均株価(225種)は続伸。上昇幅は一時200円を超えた。取引時間中としては約1週間ぶりの高値を付けた。

 午前終値は前日終値比214円87銭高の2万1817円62銭。東証株価指数(TOPIX)は11.13ポイント高の1617.74。

 中国政府が製造業の長期戦略「中国製造2025」の見直しを検討していると伝わり、ハイテク産業を巡る米国と中国の対立が緩和するとの期待感から前日のダウ工業株30種平均など主要な米株式指数が上昇。この流れを引き継ぎ、東京市場でも幅広い銘柄に買いが入った。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索