三井住友FG社長に太田氏 来年4月、国部氏は会長へ

三井住友FG社長に太田氏 来年4月、国部氏は会長へ

 三井住友フィナンシャルグループ(FG)が、太田純副社長(60)を社長に昇格させる人事で最終調整していることが13日、分かった。国部毅社長(64)は会長に就く。来年4月1日付。トップ交代で若返りを図り、経営の効率化やコスト削減など業務改革を進める。

 太田氏は旧住友銀行出身で、最高財務責任者(CFO)も兼務しており、国部氏が進めたグループ再編や経営基盤の強化を支えた。

 今回の人事によって三井住友FGの会長、社長はいずれも旧住友銀の出身者が占めることになる。従来は旧三井銀行出身者と首脳ポストを二分してきたが、今後は旧住友銀の影響力がより鮮明になりそうだ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索