「サントリー天然水」がトップに 28年ぶり、清涼飲料市場

「サントリー天然水」がトップに 28年ぶり、清涼飲料市場

 サントリー食品インターナショナルは15日、「サントリー天然水」ブランドの2018年の販売数量が、コカ・コーラシステムの「ジョージア」ブランドを抜き、首位になったと発表した。飲料総研(東京)によると、国内の清涼飲料市場でトップの交代は28年ぶりという。

 「天然水」ブランドは、1991年の発売以来伸長し、昨年は過去最高の1億1730万ケースとなった。飲料総研によると、うち8割以上がミネラルウオーターという。無糖炭酸水の好調もあり、昨夏の猛暑や災害を受けた特需が後押しとなった形だ。

 一方、2位の「ジョージア」ブランドは、缶コーヒー市場全体の不振などが影響した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索