一般会計、6億円上積みへ 不適切統計、18日閣議決定

一般会計、6億円上積みへ 不適切統計、18日閣議決定

 政府は16日、厚生労働省の毎月勤労統計の不適切調査問題を受け、雇用保険などの過少受給者に不足分を支給する関連費用として、2019年度当初予算案の一般会計総額に約6億5千万円を積み増す方針を固めた。雇用保険などは主に保険料収入で賄う特別会計で運営されているが、一部に一般会計からの国庫負担があり、その部分が増加する。当初予算案は101兆4570億円前後になる見込み。18日に閣議決定をやり直す。

 政府は昨年12月21日、当初予算案を閣議決定していた。財務省によると、一度決めた総額自体を修正するのは極めて異例。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索