東証は反発、1カ月ぶり高値 米中摩擦激化の懸念が後退

東証は反発、1カ月ぶり高値 米中摩擦激化の懸念が後退

 18日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。終値は前日比263円80銭高の2万0666円07銭で、約1カ月ぶりの高値を付けた。米中貿易摩擦がさらに激化するとの懸念が後退し、幅広い業種の銘柄に買い注文が入った。

 東証株価指数(TOPIX)は14.39ポイント高の1557.59。出来高は約11億5千万株にとどまる薄商いで、17日に続いて取引は活気を欠いた。

 米政権が対中追加関税の一部撤廃を議論中だと伝わって17日の米国株が上昇し、18日の東京市場でも投資家心理が明るくなった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索