英原発再開、国有化が条件 日立会長、新設計画凍結で

 【ダボス共同】日立製作所の中西宏明会長は23日、英国での原発新設計画の凍結を決めたことに関し、再び検討に入るには英政府による国有化が条件になるとの考えを示した。スイス東部ダボスで開かれている世界経済フォーラム(WEF)年次総会の会場で報道関係者に語った。

 中西会長は英政府が事業会社に過半出資するには法改正が必要になるとし「長い時間がかかる」と指摘した。

 同席した世耕弘成経済産業相は「原発を使いたい国の方がマジョリティー(多数派)だ」と主張。海外から求めがあれば、政府として国内の原発メーカーなどに対し原発建設計画への参画を支援していく考えを示した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索