ゴーン氏辞任で条件交渉か、仏紙 ルノーと手当や年金

ゴーン氏辞任で条件交渉か、仏紙 ルノーと手当や年金

 【パリ共同】フランス自動車大手ルノーのトップの座を自ら降りることになった日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告について、フランス紙レゼコーとルモンドは23日までに、手当や年金などが被告とルノーの間で辞任を巡る交渉の対象になったと伝えた。

 レゼコーによると、ルノーはゴーン被告に対し、退職金は予定していないが、競合企業で勤務しないことを条件にした手当支払いを想定する。金額は原則として報酬2年分。ただし株主総会の承認を得る必要があり、日本で逮捕、起訴された経緯から認められる可能性は低いとの指摘もある。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索