魚眠らせ鮮度保ち輸送 大阪に拠点施設が完成

魚眠らせ鮮度保ち輸送 大阪に拠点施設が完成

 魚を眠らせて鮮度を保ったまま輸送するシステムの拠点となる施設「大阪活魚センター」が大阪府泉佐野市に完成し、12日に魚の出荷式が開かれた。

 施設は、海水に二酸化炭素(CO2)を混ぜて魚を「睡眠状態」にし、輸送する技術を開発した日建リース工業(東京)が開設。睡眠装置やバッテリーなどを備え、魚の動きを止めて少ない水でも輸送できる水槽を使って魚を流通させる。地方の小規模な漁港などで水揚げした魚を東京など大消費地に出荷することで、漁業者の収入増につなげる狙いがある。

 総面積は約2200平方メートル。計70トンの水槽容量を備え、魚を最大で1週間程度保管できる。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索