東証、午前終値は2万1402円 利益確定売り、円高ドル安も重し

 21日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は4営業日ぶりに反落した。株価上昇が続いたことから、いったん利益を確定する売り注文がみられた。下げ幅は一時100円を超えた。円相場の円高ドル安傾向も重しとなった。一方、20日の米国株高は明るい材料で、買いが優勢となる場面も。

 午前終値は前日終値比28円80銭安の2万1402円69銭。東証株価指数(TOPIX)は3.68ポイント安の1609.79。

 平均株価は前日までの3営業日で計500円余り上昇、反動で売りが出た。21日からの米中閣僚級貿易協議の行方を見極めたいとの思惑で、積極的な取引は手控えられた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索