日産、ゴーン前会長の目標見直し 拡大路線から転換

日産、ゴーン前会長の目標見直し 拡大路線から転換

 日産自動車が、フランス大手ルノーや三菱自動車と組む企業連合で2022年までに世界での年間販売台数を1400万台に拡大するとした中期経営計画の数値目標を見直す方針であることが19日、分かった。カルロス・ゴーン前日産会長が主導した規模拡大路線を変更する。

 ルノーのジャンドミニク・スナール会長も複数のメディアに対し「企業連合の存在意義を規定し直す必要がある」などと述べ、計画の修正に言及していた。

 企業連合3社の18年の世界販売台数は計1075万6854台で、ドイツのフォルクスワーゲンに次いで2位だった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索