電事連会長に関西電力の岩根氏 6月、自由化や原発対応

電事連会長に関西電力の岩根氏 6月、自由化や原発対応

 全国の大手電力会社でつくる電気事業連合会が、勝野哲会長(64)(中部電力社長)の後任に、関西電力の岩根茂樹社長(65)を充てる方針を固めたことが21日、分かった。6月に就任する予定。電力小売りの全面自由化による環境変化や原発の再稼働問題に対応する。

 勝野氏は2016年6月に電事連会長に就任した。電事連の会長は長年、東京電力と関電、中部電の社長が務めてきた。ただ福島第1原発事故を起こした東電からは当面選ばれない見通し。

 岩根氏は電力小売りの公正な競争環境の整備や、全国の原発の再稼働に向けて国民に安全性を訴える活動などが中心となりそうだ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索