日本郵便が自動運転実験 荷物輸送、人手不足に対応

日本郵便が自動運転実験 荷物輸送、人手不足に対応

 日本郵便は22日、運転手が乗っていない自動運転車で荷物を運ぶ実験を報道陣に公開した。人手不足に対応する狙いがあり、実用化を目指す。

 自動運転車が新東京郵便局(東京都江東区)構内で、模擬のゆうパックを積んで走行した。記者を後部座席に乗せ、車線変更や右折、横断歩道前での一時停止や坂道の走行をこなした。約1.5キロの距離を約8分かけて走った後、職員が荷物を降ろした。

 実験は測量システム開発のアイサンテクノロジー(名古屋市)などが協力し、18日から行っていた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索