ボーイング機の発注取り消し 事故後初、インドネシア

ボーイング機の発注取り消し 事故後初、インドネシア

 【ジャカルタ共同】国営ガルーダ・インドネシア航空は22日、ボーイング737MAX8の墜落事故が相次いだのを受け、同型機49機の発注をキャンセルする意向を明らかにした。共同通信の取材に答えた。AP通信によると、航空会社による発注キャンセルの動きが明らかになったのは事故後初めて。

 インドネシアでは昨年10月、格安航空会社(LCC)ライオンエアが運航する乗客乗員189人搭乗の737MAX8が墜落。今月のエチオピア航空機墜落事故を受け、同型機への懸念が高まっていた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索