QRコードの決済規格を統一へ キャッシュレス拡大狙い実証実験

 産官学でつくるキャッシュレス推進協議会は26日、今夏にも実施するQRコードの統一規格の詳細を固めた。企業ごとにコードが乱立しているため、統一して店舗側の負担軽減や導入拡大につなげるのが狙い。8月に長野や福岡など4県で実証実験を行う予定だ。

 QR決済サービスにはソフトバンクとヤフー傘下の「ペイペイ」(東京)、LINE(ライン)、楽天など多くの企業が参入している。現状、QRコードは各決済事業者が自社の様式でばらばらに作成しており、店側は複数の決済事業者と契約する場合、その都度レジの改修が必要になるなど負担が大きかった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索