携帯3社が「+メッセージ」拡張 金融、手続き共通化に活用へ

 携帯電話大手のNTTドコモとKDDI(au)、ソフトバンクは23日、共同提供する通信アプリ「+(プラス)メッセージ」に、個人と企業がやりとりできる機能を追加すると発表した。銀行や証券大手など金融5社はこの機能を使って、顧客の住所変更や口座振替といった手続きを共通化する検討を始めた。

 +メッセージはIDやパスワードの登録は不要で、携帯番号だけで長文や画像のやりとりができるサービス。携帯3社は5月以降、企業も審査に通ればアカウントを持てるようにする。飲食店予約などで活用を期待。

 また金融5社は住所変更などの手続きを+メッセージで一括申請できる仕組みを目指す。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索