マークX、50年の歴史に幕 トヨタが12月、販売低迷で

マークX、50年の歴史に幕 トヨタが12月、販売低迷で

 トヨタ自動車は24日、セダンの乗用車「マークX」の生産を12月で終了すると発表した。1968年に登場した前身モデル「マーク2」以来、50年以上の歴史に幕を下ろす。近年は販売が低迷していた。生産終了に当たり24日に特別仕様車「ファイナルエディション」を発売した。

 マーク2は「コロナ」の上級車として誕生し、バブル期の90年には22万台以上を販売した。その後は消費者の好みがミニバンなどに移り、売れ行きは落ち込んだ。2004年に車名を「マークX」に一新しててこ入れしたが、18年の国内販売は約4千台と全盛期の50分の1以下にとどまった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索