LINE、赤字103億円 スマホ決済還元で費用増

LINE、赤字103億円 スマホ決済還元で費用増

 無料通信アプリを手掛けるLINE(ライン)が24日発表した2019年1〜3月期連結決算は、純損益が103億円の赤字(前年同期は13億円の赤字)となった。スマートフォン決済を普及させるために実施した利用者向けの還元キャンペーンの費用がかさんだ。

 売上高は、前年同期比13.5%増の553億円だった。企業が使う通信アプリ内の公式アカウントが増えたことで、広告収入が増加した。

 19年12月期の連結業績見通しは、主力事業とするスマホ用などのアプリの市場が国内外で急激に変化しており「精緻な業績予想を策定することは困難」として公表していない。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索