18年度の求人倍率1.62倍 3月の失業率は悪化

 厚生労働省が26日発表した2018年度平均の有効求人倍率は1.62倍で前年度に比べ0.08ポイント上昇し過去2番目の高水準となった。同時に公表した今年3月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月と同じ1.63倍だった。

 総務省が26日発表した3月の完全失業率(季節調整値)は、前月比0.2ポイント上昇の2.5%で、2カ月ぶりに悪化した。

 有効求人倍率は、求職者1人当たりの求人数を示す。景気の回復傾向に伴う人手不足で、企業の採用意欲は高い。都道府県別で最も高いのが東京都と福井県の2.14倍、最も低いのは沖縄県の1.18倍だった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索