平成最後の株取引、48円安 10連休前でリスク回避

平成最後の株取引、48円安 10連休前でリスク回避

 平成最後の取引となった26日の東京株式市場は、10連休入りで投資リスクを回避する売りが強まり、日経平均株価(225種)は反落した。終値は前日比48円85銭安の2万2258円73銭。東証株価指数(TOPIX)は2.35ポイント安の1617.93。出来高は約13億1800万株。

 平均株価は、昭和最後の取引となった30年前の1989年1月6日の終値3万0209円54銭より2割強低い水準で取引を終えた。89年12月には3万8915円の史上最高値を付けたが、その後のバブル崩壊やリーマン・ショックで2009年3月には平成の最安値7054円まで落ち込んだ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索