東証、米中覇権争いで小幅反落 29円安の2万1272円

東証、米中覇権争いで小幅反落 29円安の2万1272円

 21日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は小幅に反落した。米中の技術覇権争いで世界のハイテク産業が悪影響を受け、国内製造業にも打撃が及ぶとの警戒感から売り注文が先行した。ただ円相場が安定的に推移したことが支えとなり、取引終盤に下げ幅は縮まった。

 終値は前日比29円28銭安の2万1272円45銭。東証株価指数(TOPIX)は4.62ポイント安の1550.30。出来高は約12億5400万株。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索