リビア「永続分断の危機」と警鐘 安保理会合でサラメ氏

リビア「永続分断の危機」と警鐘 安保理会合でサラメ氏

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は21日、国家分裂状態のリビアに関する公開会合を開き、国連リビア支援団(UNSMIL)を率いるサラメ事務総長特別代表は、本格的な内戦に陥る事態を阻止しなければ「国家の永続的な分断につながる」と警鐘を鳴らし、各国にリビアへの武器供与阻止を訴えた。

 サラメ氏によると、東部ベンガジを拠点とする有力軍事組織「リビア国民軍(LNA)」が首都トリポリへの進軍を開始した4月4日以降、一帯で続く戦闘で460人以上が死亡、2400人以上が負傷し、民間人7万5千人以上が自宅を追われた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索