原電、電力販売ゼロでも黒字 大手電力が支援

 原発専業の日本原子力発電(東京)が23日発表した2019年3月期連結決算は、売上高が前期比1.2%減の1133億円、経常利益が15.2%減の65億円となった。保有する原発の停止で販売電力量はゼロだったが、大手電力から原発の維持費として受け取る「基本料金」が経営を支え、黒字を確保した。

 売り上げのうち、基本料金が1091億円を占めた。20年3月期の業績予想は、先行きが不透明なため未定とした。

 東京都内で記者会見した村松衛社長は「原発停止が長期にわたって厳しい」と強調。大手電力から基本料金の減額を求められているといい、「さらなる合理化が必要だ」と述べた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索