野村CEO、報酬30%返上 東証再編の情報漏えい問題で

野村CEO、報酬30%返上 東証再編の情報漏えい問題で

 野村ホールディングス(HD)は24日、東京証券取引所の株式市場再編に関する情報漏えい問題の責任を明確にするため、永井浩二グループ最高経営責任者(CEO)が月額報酬の30%を3カ月間返上するなどの社内処分を発表した。

 永井CEOは東京都内で記者会見を開き「情報の不適切な取り扱いがあった。深くおわび申し上げます」と陳謝した。金融庁は近く、野村HDと中核子会社の野村証券に対し、金融商品取引法に基づく業務改善命令を出す。

 永井CEOのほか、野村証券の森田敏夫社長ら他の幹部6人も報酬の一部を返す。野村HDは漏えいに直接関わった社員や上司も社内規定に基づき処分した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索