住商、アジアのバナナ生産撤退 1970年からフィリピンで

 住友商事は18日、アジアでのバナナ生産事業から撤退すると発表した。傘下の「スミフルシンガポール」について、保有する株式49%全てを合弁相手に売却する。売却額は非公表。9月末までの売却完了を目指す。

 住商は1970年からフィリピンでバナナ生産を手掛けており、2003年から「ソーントンベンチャー」と合弁を組んでいた。

 日本では「甘熟王」ブランドでの販売で知られており、スミフルシンガポール傘下で日本での販売を手掛けるスミフルジャパンは、国内大手の一角を占める。甘熟王の今後の国内流通については未定という。

 売却理由について「事業の将来性を考えたため」としている。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索