ボーイングMAX、200機受注 事故で運航停止中

 【ニューヨーク共同】米航空機大手ボーイングは18日、英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズなどを傘下に置くインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)から最新鋭機737MAXを200機受注したと発表した。

 3月にエチオピアで起きたMAXの墜落事故を受けて、各国の航空当局が相次いで運航停止を命じてからは初の大型受注となる。定価ベースでは240億ドル(約2兆6千億円)超に上り、2023〜27年に引き渡す。

 事故による経営への影響が広がる中、ボーイングはMAXの運航再開に力を注いでいる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索