東証、1カ月半ぶり高値 米中会談、欧州緩和観測で

東証、1カ月半ぶり高値 米中会談、欧州緩和観測で

 19日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反発した。米中首脳会談の開催が決まり、貿易摩擦激化への懸念が後退した。欧州中央銀行(ECB)の追加金融緩和観測が高まり、投資家心理が改善した。終値は前日比361円16銭高の2万1333円87銭で、約1カ月半ぶりの高値を付けた。

 東証株価指数(TOPIX)は26.60ポイント高の1555.27。出来高は約11億6700万株。

 今月下旬の20カ国・地域首脳会議に合わせ、トランプ米大統領と中国の習近平国家主席が会談すると明らかになった。不安が一つ取り除かれたとして幅広い業種の銘柄に買い注文が入った。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索