東京円、中東警戒一時106円台 1年2カ月ぶりの円高水準

東京円、中東警戒一時106円台 1年2カ月ぶりの円高水準

 25日の東京外国為替市場の円相場は、米国とイランの対立激化による中東情勢への警戒感が高まったことから円高ドル安が進み、一時1ドル=106円台後半を付けた。東京市場では2018年4月中旬以来、約1年2カ月ぶりの円高水準。東京株式市場の日経平均株価(225種)は円高が重荷となって下落した。

 午後5時現在の円相場は前日比37銭円高ドル安の1ドル=107円04〜05銭。ユーロは28銭円高ユーロ安の1ユーロ=121円90〜94銭だった。

 平均株価の終値は前日比92円18銭安の2万1193円81銭。午前に前日終値を一時上回った。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索