NY株、一時600ドル超安 米長短金利12年ぶり逆転

NY株、一時600ドル超安 米長短金利12年ぶり逆転

 【ニューヨーク共同】14日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、世界的に景気後退への懸念が強まり急反落し、前日からの下げ幅が一時600ドルを超えた。午前11時15分現在は前日比624.14ドル安の2万5655.77ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は177.03ポイント安の7839.33。

 米債券市場では朝方、10年債の利回りが2年債を下回る「長短金利の逆転現象(逆イールド)」が生じた。ロイター通信によると、逆イールドの発生はリーマン・ショック前の2007年以来、12年ぶり。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索