7月の消費者物価0.6%上昇 伸び率変わらず

7月の消費者物価0.6%上昇 伸び率変わらず

 総務省が23日発表した7月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は、前年同月比0.6%上昇の101.5だった。前年実績を2年7カ月連続で上回った。伸び率は前月から変わらなかった。

 総務省は物価動向について「緩やかな上昇傾向に変わりない」との見方を示している。

 輸送費などの値上がりを反映し、菓子類は2.8%上昇した。電気代は2.7%、ガス代は3.0%上がり、たばこも7.8%上昇で全体を押し上げた。

 一方、NTTドコモの値下げなどで携帯電話の通信料は5.7%下落。ガソリンも原油価格の下落に伴って4.3%下がった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索