東証続伸82円高、半月ぶり高値 模様眺めで取引は低調

東証続伸82円高、半月ぶり高値 模様眺めで取引は低調

 23日の東京株式市場は値ごろ感の残る銘柄への買い戻しが優勢になり、日経平均株価(225種)は続伸した。終値は前日比82円90銭高の2万0710円91銭で、約3週間ぶりの高値を付けた。

 東証株価指数(TOPIX)は4.19ポイント高の1502.25。出来高は約9億700万株。取引は前日に続いて低調だった。米西部ワイオミング州ジャクソンホールの経済シンポジウムで連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が講演するのを前に、模様眺めの雰囲気が広がった。

 平均株価は8月上旬に2万円を少し上回った水準に急落し、それ以降は一進一退で推移している。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索