LINE、カーナビ事業に参入 AI活用、声で目的地を指示

LINE、カーナビ事業に参入 AI活用、声で目的地を指示

 LINE(ライン)は5日、トヨタ自動車と協力し、カーナビ事業に参入した。人工知能(AI)技術を用い、走行中でも声で目的地などを指示できる無料のスマートフォン専用アプリの提供を始めた。

 自動車などの移動サービスには米グーグルやソフトバンクといったIT企業が進出する。LINEも位置情報などのデータを活用し、収益モデルを構築したい考えだ。

 LINEはトヨタが保有する地図情報を含むカーナビのシステムを使う。LINEのAI「クローバ」の音声認識技術で、行き先など運転手の声の指示を認識し、合成音声で返答。建物や道路が新しく建設されても、地図情報は無料で更新される。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索