セブン、複数購入で支払い増 消費税の計算方法変わり混乱

 全国のセブン―イレブンの店舗でレジの設定が変更され、複数商品を同時購入すると実質的な支払額が増える事例が発生していることが17日、分かった。消費税が商品ごとに加算されるのではなく、購入する全商品の合計に加算される方式となったためで、税込み100円だった商品を3個買うと301円になるなどして、利用者の混乱を招いている。

 セブンは16日にレジの価格表示を税込みから税抜きに変更。これに伴い消費税も税抜き価格の合計額に加算される方式に変わったが、利用客や店員への周知が十分に行われていなかった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索