損保4社、傷害保険料4%値上げ 加入者高齢化、けがや後遺症増

損保4社、傷害保険料4%値上げ 加入者高齢化、けがや後遺症増

 損害保険大手4社が、傷害保険の保険料を10月に平均で4%値上げすることが18日、分かった。加入者が高齢になっているため。けがや後遺症による保険金支払いが増える中で補償内容を保つ。各社一斉の値上げは6年ぶり。

 値上げするのは東京海上日動火災保険、損保ジャパン日本興亜、三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険の4社。傷害保険はスポーツやレジャー、日常生活の事故による死亡時の一時金や治療費を支払う。契約内容によるが、個人向けの保険料は年間で数百円ほどの値上げになる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索