東京円、107円台前半

 10日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=107円台前半で取引された。

 午後5時現在は前日比19銭円安ドル高の1ドル=107円40〜42銭。ユーロは61銭円安ユーロ高の1ユーロ=118円31〜35銭。

 朝方は、10日開催の米中の閣僚級貿易協議が前進するとの期待から、安全資産とされる円を売ってドルを買う動きが優勢だった。その後、協議の先行きに対する投資家の過度な不安が後退し、上海株も上昇したことから、円安が加速する場面もあった。

 ただ、市場では「米中の貿易協議の先行きは不透明で、関連するニュースが出るたびに振り回された」(市場関係者)との声があった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索