FRB、米国債6兆円購入 短期金利上昇抑制狙う

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は11日、短期金利の上昇を抑制するため、短期の米国債を月額600億ドル(約6兆5千億円)購入すると発表した。少なくとも来年4〜6月期まで購入を継続する。短期金融市場への資金供給も少なくとも来年1月まで続ける。

 米国債購入は一定の金融緩和効果があり、FRBの資産規模は拡大に転じることになる。ただ、パウエル議長はこの措置を「大規模な量的金融緩和とは異なる」と説明している。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る