東証、午前終値は2万2555円 企業業績の改善期待で続伸

 週明け21日午前の東京株式市場は、企業業績の改善期待から買い注文が先行した。日経平均株価(225種)は続伸して一時、終値ベースの今年最高値を上回る水準まで上昇した。

 午前終値は前週末終値比62円66銭高の2万2555円34銭。東証株価指数(TOPIX)は7.74ポイント高の1629.73。

 安倍晋三首相が20日、台風19号による被害対策として、2019年度予算の予備費など計5千億円を災害復旧や被災者支援に充てる考えを表明。復旧復興需要への思惑から、建設株など関連銘柄にも買いが入った。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る