京阪電鉄と京アニがコラボ企画 11月から、売り上げは寄付

京阪電鉄と京アニがコラボ企画 11月から、売り上げは寄付

 京阪電鉄(大阪市)は21日、36人が犠牲になった京都アニメーションの放火殺人事件を受けて延期していたアニメ「響け!ユーフォニアム」とのコラボレーション企画を、11月1日から一部を除いて来年3月末まで実施すると発表した。キャラクターの等身大パネルを4駅に設置するなどの企画で、当初は7月の開始を予定していた。

 京阪によると、作品に登場した場所を巡る「舞台めぐりMAP」の配布やパネル設置に加え、キャラがデザインされ、京阪全線で使える1日乗車券の販売を今年12月末までとして新たに企画した。売上金の一部を京都府が設置している義援金の受け入れ専用口座に寄付する。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る