ウラジオストクにホテルオークラ 初の大手進出へ、来秋にも

ウラジオストクにホテルオークラ 初の大手進出へ、来秋にも

 【ウラジオストク共同】ホテルオークラ(東京)が、ロシア極東ウラジオストクのホテル運営への参画に向けて最終調整していることが8日分かった。2020年秋の部分開業を目指している。日系の大手チェーンによるロシア極東進出は初めてとみられる。ロシア側関係者が明らかにした。

 ウラジオストクは、ロシア政府が「極東の首都」と位置付け開発に力を入れる。来春から日本航空と全日本空輸が就航することが決定。日系大手ホテルの進出は、日本政府が北方領土問題を打開する切り札と位置付ける対ロシア経済協力の象徴的存在にもなりそうだ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る